セルフで脱毛ワックス

脱毛される方の中には脱毛ワックスを使われる人もいます。
脱毛ワックスとはどういうものでどのように脱毛効果を発揮するのでしょうか?

脱毛ワックスとは?

efe2128f3e9b4f3f1e7405508cbbd956_s
脱毛ワックスには、松やになどを原料にした油性のワックスと
ハチミツや砂糖を原料にした水性のワックスがあります。
油性の脱毛ワックスは、強力で脱毛効果も高いですがかなり痛い上にワックスを落とすときはクレンジングを使わないと落ちません。
水性の脱毛ワックスは、油性に比べると脱毛効果は落ちるものの肌には優しいようです。
特にセルフで油性のワックスや水性のワックスを使う場合気を付けた方が良いです。
初めて脱毛ワックスをされる人はかなりの痛さにびっくりするそうです。
痛くても脱毛ワックスは、カミソリや毛抜きに比べると脱毛効果が高いでしょう。

脱毛ワックスの注意点

脱毛ワックスは、気を付けなければならない注意点がいくつかあります。
まず、セルフ脱毛で脱毛ワックスを使う場合は、水性の物から使った方が良いでしょう。
特に初めてワックスを使われるような方は、油性ワックスの場合トラブルになることが多いからです。
油性ワックスは、強力な脱毛効果があるもののその分肌荒れを起こしやすく初心者では難しい部分があります。
プロの人に油性ワックスを使って脱毛してもらう分には良いですが、セルフ脱毛の場合コツがいるのです。
例えば、そのままくっつけて脱毛するよりちょっと温めて行った方が良いとかやり方があります。
初心者の方は簡単にできる砂糖とかはちみつ原料の水性ワックスが良いでしょう。
どちらの場合でも脱毛ワックスは、敏感肌や肌の弱い方には向かない事もあるので注意して下さい。

注意点

脱毛ワックスをつかうならば、カミソリなどの様にいつでもできるというわけではありません。
ワックスにムダ毛が付かないと脱毛できない為、1cm程ムダ毛を伸ばしておく必要があります。
ムダ毛をバッとガムテープを貼って剥ぐような要領で脱毛ワックスは使うので肌が弱くなくても一時的に赤くなったりします。
肌が内出血する事もありますしかゆみやかぶれが起こることもあるでしょう。
まず、油性ワックスはセルフ脱毛で使わないほうがよく、水性のワックスの場合も無理は禁物です。
また、ワックスを使った後にクリームを塗ったりセルフケアをすることでかなり肌荒れも防げます。
脱毛ワックスが良いと聞いて行う人もいますが、トラブルも多い脱毛法だという事を抑えておきましょう。
脱毛ワックスを繰り返し行っても除毛はできますが毛が生えるのがある程度遅くなるくらいです。

脱毛ワックスは、部分的には効果的ですが技術が必要なのでプロの方にお任せした方が良いでしょう。
肌が弱い方は脱毛ワックスにこだわらない方が良いかもしれません。